'."\n";?> きつねうどんを美味しく作れるようになりましょう。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

きつねうどんとは

きつねうどんってそもそも何?

きつねうどんについて作り方を知る前に、まずきつねうどんというのはそもそも何なのか概要から見ていきましょう。まずきつねうどんというのはうどんの上に、甘辛く煮ている油揚げを乗せたものを言います。地方によっては色々と名前が違ってきますが、うどんではなくそばの場合もありますね。稲荷寿司と同じで、キツネが好物だった油揚げだったためにきつねという名前がつけられているのですが、油揚げの色や形がキツネがうずくまっている姿に似ているという由来からも、きつねという名前が付いたんだそうですよ。きつねうどんは基本的には油揚げだけになりますがかまぼこやネギをトッピングしていただくこともありますね。きつねうどんができた歴史についてですが、江戸時代の末期から明治時代の初期に、大阪で生まれたのが最初だったといわれています。きつねうどんは、明治10年代に出来たとも言われています。地域によってもそれぞれ特徴があるきつねうどんですが、甘辛く炊いたきつねは美味しいですよね。稲荷を甘辛くのせたうどんというとてもシンプルなものではありますが、それがとても美味しいですよね。シンプルなものほど味が奥深いとは言いますが、本当にそのとおりですね。自分できつねうどんを作ろうと思っても、実際はお店のように作れないこともあります。意外と簡単に思えるものほど難しいこともあるものですからしっかりマスターしていきたいですよね。きっとマスターすることが出来るようになれば美味しいうどんが作れます。

利用すべきサイト